価格変動リスクを抑え高金利な運用が可能なステーブルコイン

今回はステーブルコインUSDC

預け入れ金利について
書いていきたいと思います!

暗号資産といえば

  • 値動きが激しくリスクが高い
  • 詐欺被害が多い

といったようにマイナス面が先行して
評価されがちです。

今回はこのような点を
解決していこうと思います。

目次

ステーブルコイン(USDC)とは?

まず、今回取り上げた
USDCについて解説していきます。

2018年にサークル社という企業が発行している
暗号通貨です。

コインベースも出資しており
信頼性は高いです。

「1ドル≒1USDC」というように
米ドルの価格に連動する暗号資産であるため

ビットコインやアルトコインに比べると
USDCは価格変動リスクが低い通貨です。

このような銘柄をステーブルコイン
と呼んでいるのですが

種類がいくつかあります。

そんな中、USDCを取り上げた理由はこちら

  • ボラティリティが小さい
  • 資産保有証明の公開がされている
  • VISAがUSDC決済を導入!

ボラティリティが小さい

USDCを保有する理由としては
値上がりを狙った投資ではなく

  • ビットコインなどの通貨からの避難先
  • 高金利を狙った長期運用

として保有することが多いかと思います。

これはUSDCだけに限らず

全てのステーブルコインに
このようなメリットがあります。

資産保有証明の公開とは

USDCと同じように

米ドルに連動したステーブルコインには
USDTという暗号資産もありますが

USDCとの違いが
資金の裏付けです。

ステーブルコインは資金の裏付けが必要

USDCを発行するためには

発行企業が十分な米ドルを保有し
市場に出回るUSDCを
全て回収できる資金がないといけません。

サークル社は資産保有証明書を公開しているので
USDCには透明性があります。

USDTは資金の裏付けが公開されておらず
十分な米ドルを保有していないのではないか?
という疑惑が持たれているそうです。

テザー問題と言われてますね。

VISAがUSDC決済を導入!

大手企業のVISAがUSDC決済の導入をする
という発表がありました。

USDCの信頼性や透明性が
評価されている証ですね!

暗号資産がこのような企業との提携により
実用化に向けて動き始めています。

暗号資産が気付けば生活の中に!って事も
あるかもしれないですね。

USDCを高金利で運用する

スイスボーグが開発した
ウェルスアプリにより実現しています。

ウェルスアプリでの運用

ウェルスアプリではUSDCの金利が
年間10%超えとかなり魅力的です。

金利は日々変動しますが
安定して10%前後あります。


ウェルスアプリ上でのステータスが
「プレミアム」であればその2倍の
年間利回り20%での運用が可能となります。

ウェルスアプリのステータスについて

おわり

ステーブルコインを
このようなサービスを利用する事で
安定的に資産を増やすこともできます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資と副業ブログについて書いています。
西日本エリア在中|27歳|投資歴5年

コメント

コメントする

目次
閉じる