CVCallianceの1つ|ULTOREXへ引き継がれる資産について

CROSSexchangeを以前利用していた方は、ついに幽閉された資産が動かせるようになるかもしれません。

ショウ

後半はCROSSTECHについて軽く触れていきます。
まずは、CROSSexchangeから引き継がれる資産について!

目次

はじめに

※記事の前半ではCROSSexchangeからのスワップについてメインでまとめていきます。

ULTOREXが、今後ちゃんと稼働するかしないかは、まだ分かりません。

CROSSexchangeに資産を残している方は、今回の引き継ぎが行われる際に、自分の資産がどうなるのかは把握しておいた方が良いかと思います。

結論:SKIPIDで資産移行

結論からまとめると、SKIPIDというサービスを利用して、現物資産をCROSSexchange又はKoindexからULTOREXへ引き継ぐということです。

2022年1月24日から順次メールが届きます。そこでパスワードのリセットを行うことでログインできるようになります。

引き継ぎの際、保有していたXEXは【XCR+RT】にスワップされる為、ULTOREXへ移行後は無くなります。

RT=Rightsトークンについてはこちら

スワップは1XEX=$0.005

既にIEOなどで購入して保有しているXCRはそのまま

XEXは1枚=$0.005で計算し、XCR+RTとしてウォレットに反映されます。

RTトークンはXCRと同数付与されるとのことでした。

200,000XEX保有していた場合

仮に、「5000XCR」と「200,000XEX」を保有していた場合はスワップ後、元々保有している5000XCR+スワップ分の約9500XCR+9500RTということになるので

14500XCR+9500RTが残高に反映されることになります。

焼却していたXEXも対象となります。

CROSSTECHとは

CROSSTECHとは?

独自チェーンであるCVC(CROSS value chain)を開発。

Web3.0のインターネットにおける様々なdAppsを支えるインフラであり、ブロックチェーンが実社会に浸透していくことを目的としたプロジェクトです。

NFTマーケットプレイス【OpenSkyBlue】

OpenSkyBlueという、NFTマーケットプレイスを支えるブロックチェーン技術としてCROSSTECHの開発した独自チェーンであるCVCが紹介されています。

暗号資産取引所【ULTOREX】

今回紹介したULTOREXはCVCallianceの1つであり、CROSSexchangeと同じ中央集権型の取引所として機能し、個人ウォレットを接続して使うDEXとしての機能を持つ形になる予定です。

今回紹介したXEXのスワップに関係があります。

独自ブロックチェーン【CROSS value chain】のリリース時期

リリースは2022年中旬。

アルゴリズムはPoWの投票型でありVoting Miningと呼ばれています。

専用ウォレットで投票に参加した方に報酬としてトークンが付与されます。

CVCは持続可能なマイニング方式・誤送金を防ぐ仕組み・複雑な所有権の設定や分割できるNFTの発行が可能になるそうです。

コアプロダクト【Xwallet】

リリース時期は不明です。

ショウ

この辺りは、正式にリリースされてから情報を追って良さそうです。

おわりに

CROSSValueChainミートアップ動画がYouTubeにアップされていましたので、気になる方は見てみて下さい。

YouTube
CROSSTECH - CROSS Value Chain オンラインミートアップ CROSSTECHにて立ち上げを予定しているパブリックブロックチェーン CROSS Value Chainのオンラインミートアップを開催します。当日は、チェーンの設計を行っているDr.高橋氏...

取引マイニングで手に入れるXEXを既に売り抜けた方も、まだ塩漬けって方も、日々の配当アップに期待して焼却したよ!って方もいるかと思います。

度重なる上場延期などにより、スキャム扱いされていますが、まだ確定ではありません。

「XCRへの投資が失敗だったな」と思っていた方はスワップ後、すぐ売り抜けることができれば損失を小さくできるのではないでしょうか。

こんな感じで個人的に期待が再び高まるCROSSですが、お決まりの延期もありそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資と副業ブログについて書いています。
西日本エリア在中|28歳|投資歴6年目

コメント

コメントする

目次
閉じる