投資初心者にオススメされる少額投資のメリット3選!【必読】

こんにちは!しょーじ(@crypto830)です。

今回は投資をはじめる上で大切なステップでもある少額投資について書いていきます。

この記事を読んで分かること
  • 少額投資のメリット
  • 投資はなぜ少額から行うべきなのか
  • 少額投資は意味がないと言われる理由

投資の話でよく耳にする少額投資について

投資をはじめてみたいけどお金がある人がやるものでしょ?少額投資は意味ないと思うけど…

少額投資はリターンも小さいし、時間の無駄!有り金叩いてやってやる!
投資は金がある人がするもんだろ?

多くの方に、このように思われがちです。

しょーじ

結論を言うと、投資は少額からはじめる方がメリットが多いです!
実際、僕が失敗した例なども交えて書いていきます。

まずは少額投資のメリットを解説していきますね!

メリットを知った上で少額投資は意味が無い理由を見ると、それは違うのではないか?

というのが分かりやすいと思います。

目次

【結論】少額投資がオススメされる3つの理由

しょーじ

初心者にオススメされる少額投資の3つの理由を解説していきます!

  1. 損失を小さく抑えられる
  2. 投資を続けられる
  3. 投資スキルが身につく

たしかに少額投資は、多くの資金を入れた場合に比べるとリターンは小さいです。


その反面、損失リスクも低く抑えられることから、少額投資は投資経験を積んでいくためにもオススメされています。

1つずつ詳しく解説していきます。

①損失を小さく抑えられる

投資商品が10%の価格変動した場合

  • 投資額1万円の場合10%の下落で1000円
  • 投資額100万円の場合10%の下落で10万円

というように同じ価格変動でも投資額によって、含み損が変わってきます。

投資といえば短期間で大きなお金を手にするイメージがあるかもしれませんが、それはごく僅かな人たちです。

投資をこれからはじめる方に伝えたいのは、新しいことへの挑戦は必ずどこかで失敗するということです。

少額投資であれば、失敗したときの含み損を小さく抑えられることができます。

同じ失敗をするなら損失は小さい方がいいですよね!

②投資を続けられる

投資は長く続けることが重要です。

1つ前で解説したように、多額の資金をいきなり投資に使ってしまうと、損失を出してしまったときに多くの方はパニックになります。

ここで狼狽売りという慌てた取引をしてしまい、損失を確定させて辞めてしまうんです。

少額投資あれば損失も小さく抑えられることが出来るため、長く投資と向き合うことができます!

1000円の含み損を抱えるのと、10万円の含み損を抱えるのとでは、メンタル的にも違いますよね。

1000円の含み損を抱えたとしても生活に大きく支障がでることはないです。

リターンも小さいけどリスクも小さい分、相場をあまり気にせずいられる点はメリットですね!
続けていけそうです!

投資をして相場が毎日気になるようだと、長期間の投資は難しく感じます。

少額からはじめることで、急な価格変動があっても損失を小さく抑えることで投資を続けていくことができます。

まずは、投資を続けることが大事です。

③投資スキルが身につく

20年間も投資に関わるわけですから、それなりの経験を積み、投資スキルが身につきます。

習うより慣れろとはよく言ったもので、実際にこのブログ「CRYPTO Run」を読むより、証券口座を開設して1万円でも投資してみた方が圧倒的に理解していけます。

人や本などから知識を得るより、実際に自分のお金を投資して、リスクを背負った方が全力で理解しようとして良いのかもしれません。

投資スキルというのは、単純に取引をするための知識などではありません。

自分の大事な資産を怪しい案件から守ることもスキルだと思います。

少額投資が意味ないと言われる理由

少額投資にはメリットがあり、投資をはじめる上で大切なステップでもありました。

次は、そんな大切なステップでもある少額投資が意味ないと言われる理由を解説していきます。

意味がないと言われる理由を3つほど取り上げてみました。

  1. 投資資金が小さいと儲けが少ない
  2. 投資額に関係なく、価格変動リスクは同じ
  3. 「塵も積もれば山となる」がいつまでも塵のまま

こういった声が多くみられる印象です。

具体的にどうしてそう思われるのか、1つずつ見ていきましょう!

①投資額が小さいと儲けが少ない

  • 投資額1万円10%の上昇があった場合、利益は1000円
  • 投資額100万円10%の上昇があった場合、利益は10万円

このように、投資額が小さいことから同じ値動きでも、利益が小さいということですね。

やっぱり1000円くらいの利益ならバイトした方が早い…

メリットでも解説したように、逆に考えると同じ値動きでも損失が小さいわけです。

単純に投資資金が小さいと、儲けが少ないから少額投資は意味がないということはありません。

多くの資金をいきなり投資してしまうと損失がでたときに焦った取引をしてしまい、投資を辞めることになってしまいます。

100万円が90万円まで減った!やっぱり投資は辞めておこう!

儲けることばかりに注目してしまうと思わぬ損失が出てしまったときに、どう動けば良いか判断が難しくなってしまいます。

②投資額に関係なく価格変動リスクは同じ

たしかに、投資額が小さくても大きくても投資商品の上昇したり、下落したりする価格変動リスクは同じです。

少額投資では、価格変動リスクによる損失を小さく抑えるメリットがあるとお伝えしました。

投資をこれから始めようとしている方や、まだ投資に慣れていない方が

「同じ価格変動リスクの商品に少額投資をしても儲けが少ない」

からといって、多額の資金を投資に使ってしまうことが1番危険です。

③塵はいつまでも塵のまま

運用利回り4%でシュミレーションした場合

毎月1万円を20年コツコツと積立投資した場合、総額366.8万円「積立金240万円+利益約126.8万円」になります。

20年という長い期間、積立投資をして利益が約126.8万円は少ないと思う方もいるかと思います。

しょーじ

たしかに、これだけ見ると僕も少ないと感じます。

しかし、少額投資のメリットでも書いたように、投資をする人としない人では20年後、スキルという資産の差がすごく大きく開きます。

そして、上のシュミレーション結果は価格変動を考えていない場合です。

20年という長い期間(時間)を味方に付けることで、投資成績を高い確率でプラスにすることができます。

【実際の失敗談】

失敗談は投資額の大小だけでなく、慣れない投資の中で知識・経験不足というのも失敗の原因です。

手数料を考えず取引

暗号資産の取引の話ですが、販売所と取引所を最初は知りませんでした。

販売所で売買をすると手数料を高く支払うことになります。

少額投資を続けるのであれば、手数料も気にして取引所を選んだ方が良いですね!

高金利に騙され資金を持ち逃げされた

HYIPというのが以前流行っていました。

月利20%〜40%などという高利回りな案件のことです。

しょーじ

今思うと普通におかしい利回りですよね。

その頃はよく分からなかったと思うのですが、今考えればそんな利回りで運用できるはずがないんですよね。

年利5%でも高利回りといわれる投資で、月利40%は確実に詐欺ですね。

こういったことも投資を続けていけば分かってきます。

すべて投資額を増やしたことが原因ではありませんが、投資初心者がいくつか辿る道なのかなと思います。

完全に経験不足、知識不足の中で行ってしまった失敗です。

まとめ

記事のまとめ

  • 少額投資は損失も小さく抑えられる
  • 少額からはじめることで相場に慣れ、長く投資ができる
  • 投資を続けることで投資スキルが身につく

少額投資は意味がないと言われることが実はメリットでもあり、投資を続けていく中で大切なステップでもあることを書きました。

では最後に、どのような商品に投資をすれば良いのか

  • 投資信託
  • 暗号資産

実際に投資をしている2つを紹介します。

投資信託は最低100円から購入が可能で、幅広く分散投資ができます。

暗号資産はあまり良い印象を持たれないかと思いますが、少額投資でも十分なリターンを見込めます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資と副業ブログについて書いています。
西日本エリア在中|27歳|投資歴5年

コメント

コメントする

目次
閉じる