寝付きが悪い方必見!ランニングは睡眠の質にも影響

ダイエットで始めたランニングについて
面白い情報がありましたのでまとめてみます。

僕がランニングに出かける時間は
21時頃からなので

夜間のランニングとなります。

この記事を読んで分かること
  • ランニングで夜の寝付きが良くなる理由
  • 質の良い睡眠には〇〇が必要!
  • 夜間のランニングをする時の注意点

早速、ランニングで睡眠の質が上がる理由
まとめていきます!

目次

ランニングで睡眠の質が上がる

仕事などが忙しく疲れた感じがする時に
よく眠れるのと同じです。

ランニングにより適度な疲労を
感じることで質の良い睡眠が
できるようになるみたいです。

質の良い睡眠適度な疲労
が必要となります!

夜間のランニングをするメリットは
質の良い睡眠ができるようになるだけでなく

その日の気分をリフレッシュ
する効果もあるようです。

走る事で気分をリフレッシュ!

ランニングをすることにより
自律神経を整えるセロトニン
というホルモンが多く分泌される事で

イライラした気持ちを落ち着かせてくれます。

嫌な事があった日ってモヤモヤして
夜の寝付きが悪いと感じたことがありませんか?

そんな日はランニングをすることで
気分をリフレッシュする事が出来ます!

ランニングする時の注意点

就寝2時間前にはランニングを終える

就寝2時間前には
ランニングが終わっていた方が良いです!

これはランニングで血流が良くなり
脳が活性化されるためです。

逆に目が冴えてしまっては本末転倒です!

必ず就寝2時間前には
ランニングを終えておきましょう!

食後すぐのランニングは腹痛の原因に

食べてすぐのランニングは
腹痛の原因にもなるので

食後1〜2時間は空けた方が良いです!

僕は食後1時間半くらいから
ランニングを始めています。

まとめ

ランニングはダイエット効果だけでなく
様々なメリットがあります。

睡眠の質は確かに上がっていると感じているので
嘘ではないと思います。

睡眠の質が上がるというのは
多数あるメリットの中の1つです。

メリットが多いと言いましたが

毎日のランニングは体を痛めたり
継続できない理由にもなるので
オススメしません!

適度な間隔で
長く続けることが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる