ランニングでダイエットを半年続けた結果と実践したこと【まとめ】

去年からコロナ禍ということもあり、リモートワークや外出自粛で

体重が増えた方も多いのではないでしょうか?

SHOJI

幸せ太りということは、なきにしもあらず。笑

この記事の内容
  • ランニングを半年続けた結果
  • ダイエットについて調べてきたこと

ランニングダイエットのまとめ記事となります!

増えた体重を落としたいと思っても、なかなか行動にうつすって難しいですよね。

糖質制限ダイエットなど食事制限もしないといけないって思うと考えただけでしんどくなります。

今回は2021年1月からダイエットをしようとランニングを始めて半年経ちましたので、その結果をまとめて行きたいと思います。

SHOJI

食事制限などは、一切無しで取り組みました!

1月半ばに、「Goals-Fitness」というアプリをインストールしました。

そのため回数が少なくなってますが、もう少しランニングに出てます。笑

目次

はじめに

結果から言うと73kg→69.2kgまで落とすことに成功しました。

ダイエットと言っても、僕が実践したことは以下の3つです。

  • ランニングをする
  • 間食をやめる
  • 軽い筋トレ(始めだけ。笑)

たったのこれだけです。

糖質制限やカロリー制限など、細かい食事制限はしていません。

間食は太った1番の原因だと思ったので辞めました。

これからダイエットをしようと考えてはいるけど、なかなか行動にうつせない方はいると思います。

食事は気にせず、少しの時間をランニングに使うだけでも痩せることができました。

ランニングの距離と時間

僕は辛いことからは逃げたい派なので、あまりしんどくない程度の距離と時間です。

  • ランニング距離=3.5km
  • ランニング時間=約30分

それでも最初のうちは走り切れず、途中で歩いてました。マジで走り切ることもできませんでしたからね。笑

今は全然平気で走れるようになりましたけど。

走り切れなくてもルーティンとして同じ道を走っては歩いて走っては歩いて続けました!

これは1キロペースにすると決して早いペースではありません。

1月のペースはさすがにランニングとは程遠いペースでしたが、今はいい感じのペースで走れています!

早いペースで走ってゼーゼーなるくらい追い込んだ方が痩せそうというのは勘違いです。

あえてゆっくり、話をしながら走れるくらいのペースが良いそうです。

その理由は次に解説します。

糖質と脂肪がランニングのエネルギーになる

  • 糖質
  • 脂肪

どちらを消費した方が痩せそうですか?

はい!正解です!「脂肪」ですよね!

実はランニングをする時に、ペースを上げすぎると脂肪をそんなに燃焼しません。

エネルギーとして糖質を優先して使ってしまうため、痩せにくいということになります。

逆にゆっくりのペースで走る方が、疲れはそこまで感じなくても脂肪をしっかり燃焼してくれます。

早いペースで走るより疲労もそこまで感じないですが、毎日のランニングは体が筋肉を痛めたりするのでNGです。

ランニングで睡眠の質が向上

僕が実践した夜間のランニングは、1日の気分をリフレッシュしたり睡眠の質を上げるというメリットもあります。

体感的には、程良い疲れがあって寝やすかったと言えば寝やすかったかな?という感じです。

睡眠の質が上がってたのかは、明確には分かりませんが寝付きは良くなったと思います。

間食を辞める

これはなかなかつらかったです。

コンビニには、日中いつでも寄れてしまうので小腹が空いた時などにパンをついつい買って食べてました。

ダイエットを始めてからは「サラダチキン」に変えてタンパク質を摂りながら空腹を満たしてました。

今では間食なんてしなくなりましたけど、当時はきつかったことを覚えてます。

そんな時は、炭水化物ではなくタンパク質が豊富な食べ物に変えると良いかもしれません!

ダイエット中、間食を控えているのに体重が増える理由

ランニングを始めて間食も我慢している。

なのに体重が増えてしまう。辛いランニングをしても効果が現れないなら辞めよう…

そう思ったことありますか?実はダイエットを始めた時にトレーニングを行うと一時的に体重が少し増えることもあり得るそうです。

トレーニング(ランニング)を始めたのに体重が増えてしまうと、モチベーションが下がってしまいますよね。

しかし、それはトレーニングの効果が体に現れている結果なので気にしなくても良いという結論に至りました。

体重が一時的に増えることは悪いことではありません。こちらの記事では、その理由を調べてまとめました。

軽い筋トレをする

これはダイエット始めて少しして辞めてしまったことです。笑

筋トレは基礎代謝が上がり、ダイエット効果があります。

その結果、ダイエット後のリバウンドも防いでくれるそうです。

基礎代謝を上げることで太りにくい体へ

筋トレをすることにより、基礎代謝が上がると1日に消費するカロリーが若干ながら増えるそうです。

基礎代謝の種類と鍛えるとオススメな筋肉部位をこちらの記事でまとめています。

筋トレとランニングの順番にも注意

無酸素運動の筋トレをランニング前に行うことに効果があります。

糖質を消費してくれるのでランニング時に、効率よく脂肪を消費できるという点がメリットです。

有酸素運動と無酸素運動の順番でダイエット効果を上げることができる理由を当時、詳しく調べた記事はこちらです。

筋トレとカフェインの相性

ちなみにコーヒーに含まれるカフェインとの相性も良いのだとか!

これは研究により証明されていることです!

筋トレは思ったほど続かなかったのですが、ランニングを半年続けるだけでも体重は落ちました。

せっかく調べた豆知識として、カフェインが筋トレのパフォーマンスを高める理由ということも記録として残しておこうと思います。

まとめ

今回のダイエットで実践したこと

  • ランニングをする
  • 間食を辞める
  • 軽い筋トレをする(挫折。笑)

最終的には実践したこと3つから2つということに。笑

特に食事制限もせず、この2つだけ継続するだけでも体重は落ちました。

ダイエットを考えている方は、まず走り出してみて下さい!

Twitterの方でもアドバイスをいただいたりしました!

半年間で-3.8kgの結果が出せたので良かったなと思います。

アドバイスや応援していただきありがとうございました!ランニングはダイエット記事にしなくても続けていこうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる