Liskはリソースコストを抑えたDPoSを採用

暗号資産といえば
高いボラティリティが魅力的な反面

市場から退場者を続出させる
金融商品でもあります。

この記事で分かる事

LSKを保有するだけで増える仕組み
・他アルトコインの運用方法

暗号資産で利益を得るには
取引所の価格乖離を狙った「アービトラージ

時間軸は短期・中長期と違いますが
価格差を利益にする
トレードなどあります。

現在、値上がりも期待しているLSKは
ステーキングという
暗号資産LSKを保有するだけで

年間数%の利益が得られる運用
可能としている通貨です。

DPoSというアルゴリズムを採用しているため
報酬として暗号資産LSKを貰うことができます。

他にもDPoSを採用している銘柄もあります。

目次

DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)

取引承認を行う101人に
投票をする人をvoting(ヴォーティング)と呼び

取引承認をする人を
forging
(フォージング)と呼んでいます。

この投票型の承認システムをDPoSと呼びます。

そこで投票された
マイニング者(フォージング側)は

投票者(ヴォーティング側)に
LSKを報酬として渡します。

これは個人でどちらにでもなれるのですが
(フォージング側にもヴォーティング側にも)
LISK公式ウォレットが必要です。

後日、運用する機会があれば
記事にしてみようと思います。

DPoSのメリット

BTCのアルゴリズムPoWように
「より計算を早くした者」って訳ではないので

こういった点が将来的に
どう判断されるのか分かりませんが

高機能なパソコンも必要なく
消費電力もPoWほどかからないので
コストを低く抑える事ができます。

投資している身からすれば
どんなアルゴリズムであっても
評価されるならそれで良いというのが本音。

取引所がサービス代行

ステーキングリワード報酬サービスを
提供している暗号資産取引所で
LSKを保有するメリットとして

保有するだけで少額のLSKが
ウォレットに追加されていきます。

トレードが苦手な方や
長期間保有を考えている方には
嬉しいサービスです!

bitFlyerでステーキング報酬の対象となる条件など
記事にしていますので見て下さい。

bitFlyer以外にもcoincheckやBINANCEで
ステーキングサービスを提供しています。

利率はBINANCEが一番良いそうですが

国内取引所は万が一の時に
補填対象になるのでより安全に運用したい方は
国内取引所をオススメします!

BINANCEでも効率的に運用できるサービスがある

BINANCEでは他の銘柄をステーキングのように
持つだけで資産が増えるフレキシブルセービング
というサービスがあります。

国内では取り扱っていない銘柄へ投資をする時は

このフレキシブルセービングを利用する事で
少しお得に運用ができます( ^ω^ )

取扱銘柄は50数種類ほどありますので
気になる方はチェックです(゚ω゚)

興味ある方は読んでみて下さい!

Robinhoodトラッキング銘柄にLSK

Twitterで面白いツイートを見かけました。

アメリカの若者世代で人気の
ロビンフッド」では
現在、7つの暗号資産銘柄が取引されています。

それ以外にも10銘柄ほどトラッキング銘柄があり
その中にLSKが表示されています(^ω^)

コロナ禍で米株式市場と共に
急成長したロビンフッドですが
暗号資産の取引も開始しているそうです。

売買手数料無料・最小取引単価の低さ
を売りにユーザー数は増加してます。

これをどう捉えるかは人それぞれですが
時価総額100位に入るか入らないか程度のLSKは
まだ伸び代はありそうに感じます(^ω^)

おわり

今年からLSKを保有しているので
いろいろと勉強していこうと思います。

低リターンのステーキングですが
暗号資産への投資を考えている方は

何もせず資産が増える仕組みに触れるには
リスクが低いのでオススメかと思います。

ステーキングの年利は
それほど美味しい訳ではありません。

votingの方が報酬も多く良いと思いますが
設定とかめんどくさくて取引所任せです。笑

競合と呼ばれる(DOT、ATOM)銘柄が伸びただけに
LSKの価格上昇も期待してしまいます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる