bitFlyerでLiskステーキングリワードに参加して効率良く暗号資産運用

暗号資産には保有するだけで
株式投資で言う配当のようなものがもらえます。

今回は日本最大手のbitFlyerが提供する
Liskステーキングリワード
というサービスについてまとめていきます!

  • Liskステーキングリワードって何?
  • 多額な資金が必要?
  • 運用利回りはいくら?

こういった疑問を解決していきます!

トレードが苦手な方でも
簡単に保有枚数を増やすことができる

取引所でのステーキング
初心者の方にもオススメです。

最後に、今回紹介する
ステーキングという運用方法以外にも
簡単に出来る運用方法の記事を紹介します!

目次

bitFlyerステーキングサービス対象者になる条件

  • bitFlyerアカウントでLSKを1日あたり平均10LSK保有していること
  • 本人確認(KYC)が完了していること
  • 証拠金口座にマイナス残高がない事

が条件として設定されています。

付与予定と付与額は?

公式発表による報酬付与予定日は
毎週火曜日ですが前後する事もあるそうです。

付与額も正確に定まっているものではないので
報酬額は変動します。

Liskステーキングの利回り

大体、年利0.2%〜0.5%になるそうです。

暗号資産であるLSK自体の価格変動もあり
報酬額も変動する事から

年利いくらで運用というよりも
LSKに投資するだけで
保有枚数を増やせるくらいの気持ちです。

ステーキング報酬得られる仕組み

Liskステーキングリワードに参加することで

暗号資産LSKが報酬として貰える仕組みは
取引承認にDPoSを採用しているからです。

下の記事ではDPoSについてまとめてみました!

この作業をbitFlyerが
代行して行なってくれます。

そこで発生した報酬をLSK保有者へ
保有比率によって分配しますよって話です。

上の記事でも書いていますが
個人で行うことも可能です!

その他の運用方法

暗号資産にはステーキング以外の
サービスもあります。

僕が利用している運用サービスを
下の記事で紹介しています。

長期で保有するのであれば
これらのサービスを利用した方が

暗号資産運用には
最新のサービスなどありますが
紹介する運用方法だけでも

効率良く資産運用できるかと思います。

まとめ

  • bitFlyerで暗号資産LSKを保有することでステーキングサービスに参加できる
  • ステーキングサービス対象者になる条件
  • ステーキング報酬が発生する仕組み

このようなことが分かったと思います。

初心者であっても
取引所で暗号資産を保有するだけで
毎週報酬が入る仕組みは簡単でオススメです。

特にbitFlyerは過去ハッキング被害などの
報告を受けておらず
安心して資産を預けることができる

日本の取引所だと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる