次世代(5G時代)4種の神器とは?マイクロソフトが出資した暗号プロジェクト

最近はブロックチェーン業界や暗号資産市場に「機関投資家や企業の参入」というニュース記事を、よく見かけるようになりました。

この記事を読んで分かること
  • 次世代(5G時代)4種の神器とは何か?
  • Liskプロジェクトへ19億円もの出資をしたマイクロソフトのブロックチェーンへの取り組み
  • Azure Blockchain Serviceが終了=ブロックチェーン撤退ではない
目次

次世代(5G時代)の4種神器とは?

まず始めに4種の神器と言われている技術を紹介します。

この中の1つである「ブロックチェーン」はどの企業が先取りするのでしょうか?

  • IoT
  • クラウド
  • AI
  • ブロックチェーン

IoT

モノのインターネットと言われてます。

IoT技術で離れた場所からでも家電製品を操作したり、留守番中のペットを監視(モニタリング)する事が出来ます。

離れた環境もインターネットに接続することで、いろいろなデータを集める事ができます。

モノをインターネットに接続する技術ですね!

クラウド

クラウドサービスを利用することで、データを保管したり移行したりなどができます。

一番イメージがしやすいと言えばiCloudです。iPhoneを新しく変えても、iCloudにログインする事でデータを復元させたりしますよね?

企業でもクラウドサービスが使われていて、大容量のデータを保管することができます。

AI

IoTで集めたデータをクラウドで保管し、そのデータ分析を人工知能を持つコンピューターシステムAIが行います。

「仕事の効率化」なんて言われたりもして、AIという言葉は、この4つの中でも1番耳にした事が多いかと思います。

ブロックチェーン

ブロックチェーンには全然詳しくないんですが、暗号化技術コンセンサスアルゴリズム分散型台帳技術といったように、様々な技術が詰め込まれています。

ブロックチェーンはIoTで集めたデータをクラウドで保管し、効率良く動かせるようにAIで分析されたデータを管理します。

マイクロソフトがブロックチェーンへの取り組みに前向き

ビッグテックといわれる「GAFAM」ですが、みなさん1度は目にしたことがあると思います。

  • G = Google
  • A = Amazon
  • F = Facebook
  • A = Apple
  • M = Microsoft

大企業の頭文字を取った呼び方で「GAFAM」と言われてます!

このGAFAMについて詳しく話せるほど、知識はありせんが、一早くブロックチェーン技術関連への取り組みを行った企業があります。

ブログタイトルにもあるようにマイクロソフトです。

今回はマイクロソフトが「ブロックチェーンへの取り組みに積極的な理由」とそのマイクロソフトから出資を受けたLiskプロジェクト」について書いてみます。

2014年にマイクロソフトはビットコイン決済導入していた

価格変動が大きく停止したそうですが、Xbox Liveアカウントでのビットコイン支払いオプションを導入したのは2014年となっていました。

余談なんですけど、Xboxってそんなに売れたんですかね?あまり人気がなかった印象です。

Xbox買ってたらもっと早くにビットコインを知ることができてたのかも。

世界で始めてビットコイン決済がされたのは
2010年のピザですね!

Microsoft Azureが提供するサービス

Azure Blockchain Serviceというブロックチェーン技術を使って

  • 作成
  • 開発
  • 管理

などができるサービスを提供しています。

このサービスは2021年9月10日に、終了するそうですが、ブロックチェーンから完全撤退する訳では無いようです。

Liskプロジェクトに19億の出資

まだプロジェクトは開発段階にあり、完成しているものではないはずです。

しかし、マイクロソフトはLiskプロジェクトへ19億もの出資をしています。

パートナーシップも結んでおり、Liskプロジェクトへ投資する側からしてみれば安心感があり信頼性も高い銘柄なのかなと思います。

パートナーシップを結んだプロジェクトは一覧を見る限り他にもたくさんありましたが、なぜLiskが選ばれたのでしょうか?

誰もが簡単に使いやすいブロックチェーン」を目指すLiskプロジェクトは期待されているのかもしれません!

今回紹介したLiskのブロックチェーンでは、DPoSというコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

おわり

Liskに出資したマイクロソフトは「ブロックチェーン技術は改革を起こすであろう」と語っていたそうです。

クラウドサービスはもうAmazonの提供するAWSが広がってしまい、Googleもそれを使っているそうです。

現在は、様々な企業がブロックチェーンを取り入れようとしている姿勢がみられます。

マイクロソフトは、いち早く目をつけたブロックチェーン技術を先取りして欲しいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる