Lisk大型アップデート!v3移行に向けてLSK保有者がやるべき事とは

Liskの大型アップデート(8月21日)が決まり、LSKへ投資している方はどうすればいいのか?

出ている情報をまとめてみました。

技術的なことは良く分かりませんので、あくまでも投資をしている方が、アップデートに伴うアドレスの変更などの注意点になります。

Liskについて詳しい情報は、後で紹介するnoteやTwitterアカウントの方のツイートを見て下さい!

まず、暗号資産であるLSKを保有するには

  • 暗号資産取引所
  • モバイルウォレット
  • デスクトップウォレット

の3種類だと思われます。

しょーじ

それぞれどのように行動すれば良いのかこれから解説していきます。

目次

LSKを暗号資産取引所で保有

  • bitFlyer
  • コインチェック

多くの方が取引所で保有しているかと思います。

ここでは上記2つの取引所の対応をまとめ、書いていきます。

結論として、何か特別なことをする必要はありません。

ただし、アップデートに伴う入出金の一時停止がありますので、そちらを見ていきましょう!

対象の期間に送金などを考えている方は知っておいた方が資金の紛失リスクが下がります。

bitFlyer

一時停止日時:2021年8月18日 17時予定

再開日時:決定次第Twitterでお知らせ

積立:8月19日よりLSKのかんたん積立を停止予定

ステーキングサービス:8月17日のステーキング報酬を最後に、それ以降のステーキング報酬は方針が確定次第お知らせがあります。

bitFlyerは8月18日の17時頃から入出金を一時停止予定です。

コインチェック

一時停止日時:2021年8月20日 12時予定

再開日時:未定(ネットワークの安全性を確認しながら再開予定)だそうです。

積立:プランによって日時が異なる様です。詳しくはコインチェックブログへ

ステーキングサービス:9月上旬の報酬が最終となり、今後の詳細スケジュールは改めてお知らせがあるそうです。

コインチェックは8月20日の12時頃から入出金を一時停止する予定です。

アップデート後の変更点

入出金の再開日時は未定とありますが、再開した時の注意点として

LSKの受取アドレスが変更されます。

それと同時に、既に登録されてある取引所や専用ウォレットへのアドレスも変わりますので再度登録が必要となります。

既に登録してあるアドレスは消去されると思いますが、アップデート前のアドレスに送金してしまうと紛失の可能性があるので注意が必要です。

アップデート前:20桁前後の数字+L

(例)12345678901234567890L

アップデート後:lsk+41桁の英数字

(例)lsk123456789a12345678b01234567c90123456d890

モバイルウォレットで保有

あわせて読みたい
iTunes Store へ接続中です iTunes Store へ接続中です

モバイルウォレットの方も、アップデートによって何か特別なことをしないといけないことは無いようです。

しょーじ

モバイルウォレットでできることと、注意点を簡単に紹介します!

モバイルウォレットでできること

  • BTCの受取、送金、保管
  • LSKの受取、送金、保管

モバイル1つでネットワークにアクセスできるので、暗号資産の送受信が簡単にできます。

アカウントの初期化

最低1つの送信トランザクションを実行してアカウントの初期化をしておくことを推進されています。

アカウント未初期化による同じアドレスを生成する複数の公開鍵が存在する可能性のあるリスク「アドレス衝突」については、こちらの記事で詳しく解説されてあります。

「送信トランザクションを実行」と聞くと、少し難しく感じるかもしれません。

この操作はモバイルウォレットにLSKを送金すると0.1LSKを自身に送るようになるので、簡単にアカウントの初期化というのはできます。

デスクトップウォレットで保有

2ndパスフレーズを設定している方や未初期化アカウントを有効にする場合は少し面倒な作業がありそうです。

が、こちらの件に関してはデスクトップウォレットを利用していない僕は、詳しく解説できないので万博おじさんのnoteやツイートを参考にすることをオススメします。

デスクトップウォレットでできること

  • BTCの受取、送金、保管
  • LSKの受取、送金、保管
  • voteの設定

デスクトップウォレットはモバイルウォレットと違い、DPoSアルゴリズムに参加できます。

Liskブロックチェーンを保護するデリゲートに投票し、報酬を貰う仕組みです。

DPoS(デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク)についてはこちらで解説しています。

まとめ

本記事のまとめ

  • 暗号資産取引所では入出金の一時停止日時に注意
  • アップデート期間中の送金は資金紛失リスクがあるので行わないこと
  • モバイルウォレット利用ユーザーはアカウント初期化をする

デスクトップウォレットを利用している方は万博おじさんのnoteを読んで下さい。(voteの設定や細かい作業手順が分かります。)

LSKを保有している場所によって内容を、ほぼ万博おじさんに丸投げですが、まとめてみました。

どこで保有していても価格変動を気にしないのであれば、LSKを動かす必要はないと思います。

アップデート後も送金などを行う時には、まずは少額で試してから送るようにしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資と副業ブログについて書いています。
西日本エリア在中|27歳|投資歴5年

コメント

コメントする

目次
閉じる