投資信託は初心者でも少額で分散投資が簡単にできる資産形成

投資をはじめてみたい!でも、まとまった資金もないし…

資産は分散させる方が良いと言われてるけど、そんなにいっぱい買えないよ。

そんなお悩み、投資信託で解決しましょう!

SHOJI

投資信託であれば、100円から国内への投資はもちろん、海外や全世界へ投資が可能です。

この記事で分かること
  • 投資信託とは何か?
  • 投資信託のメリットやデメリット
  • 証券口座開設ならSBI証券
  • 目標額に必要な運用利回りが分かる

投資と聞くと、まず多額の資金を用意するイメージが強いかと思います。

しかし、今の環境では投資を始めるハードルはそこまで高くありません。

今回はそんな中でも100円から始められる投資信託について、実際投資をしている僕が書いていきます。

それでは、まず投資信託とは何なのか解説していきます。

目次

投資信託は初心者でも簡単に分散投資ができる

SHOJI

はじめに、投資信託とは何なのか簡単に説明しておきます!

その前に、ファンドポートフォリオリバランスなどの用語が出てきます。

前提知識として何なのか説明しておきますね!

ファンドとは

投資家から預かった資産を株や債権など、金融商品への投資を行います。

預かった資産の運用を行う会社というイメージです。

ポートフォリオとは

運用資産の構成のことです。

リスクの低い銘柄ほど保有割合が高く、リスクの高い銘柄ほど保有割合が低いことが一般的です。

リバランスとは

銘柄の価格上昇や下落などでポートフォリオの割合が変わった時に行うことを言います。

一部銘柄の高騰があったときポートフォリオの割合は高くなります。その一部を割合が下がった銘柄へ投資したりします。

投資信託とは、投資家から資金を預かったファンドが債券などに投資をして、運用してもらう仕組みです。

僕たち投資家のすることは証券口座でそのファンドが運用すると言われる投資信託を購入するだけです。

銘柄選定やポートフォリオのリバランスをする必要は一切ありません。

「自分の資金を、投資のプロをじてす」

このようなことから投資信託と呼ばれています。

投資信託のメリットとは?

次にメリットを見ていきましょう。

  1. 少額から始めることができる
  2. 銘柄選定運用は全てファンドが行う
  3. 少額からでも分散投資ができる

1.少額から始めることができる

最低投資額は100円からです。

僕が利用しているSBI証券では、証券口座内での現金買付けは100円から可能になっています。

他の証券口座も最低100円からとなっているそうで、準備資金へのハードルはかなり低いですよね。

この少額からというのが投資をする中で一番のメリットだと個人的に思います。

SHOJI

少額投資を始めて、総資産の変動に慣れましょう!

2.運用はファンドにお任せ

資金を投資のプロと言われるファンドに預けるだけで、運用は全てお任せとは言っても適当に取引しているのではありません。

ファンドによって決めている、運用方針に沿って取引を行なってくれています。

これは「どの国の何を」対象に投資をしているのか、目論見書という取説のようなもので確認できます。

そして、運用レポートも発行してくれますので運用状況も知ることができるので安心ですね。

3.少額でも分散投資ができる

1つのファンドを例に説明します。

画像を見ても分かるように、こちらの投資信託は投資対象が全世界であり、株式への投資をこの割合で行っています。

預けた資産が

  • アメリカ62.6%
  • イギリス3.8%
  • フランス3.1%

というように各国へ、分散されていることが分かります。

1つの投資信託で少額から分散投資ができます。

投資信託のデメリット

  1. 個別株などに比べ、短期での大きなリターンは無い
  2. リアルタイムでの取引ができない
  3. 元本の保証がないため、売却額が購入額より下回る可能性がある
  4. 種類がありすぎてどれを買っていいか分からない
  5. 保有するだけでコストがかかる

一見、たくさんのデメリットがあるように見えます。

しかし1〜3までは、投資初心者や中堅者にとってはメリットとも言えます。

1.短期的なリターンが見込めない

投資信託は長期保有することを前提に購入、又は積立していくので無駄な取引をせずに済みます。

また、少額から買い付けていくので資産の変動にも慣れていきます。

例えば総資産5%の変動があったとき

投資額100万円だと5%の変動で50000円の値動きがあります。

この時に投資を始めたばかりの方だと冷静な判断ができない可能性があります。

ですが、1万円だとたった500円です。

少額から投資をはじめることで、資産の変動になれていくことができます。

2.リアルタイムでの取引ができない

正直な話、資産形成する上でリアルタイムでの取引はできなくて良いんです。

こちらも投資信託では、数年〜数十年という長期運用が前提なので1日チャートに張りつく必要はありません。

3.元本保証が無い

そして最後に元本保証が無いというのは金融商品ほとんどに言えることです。リターンを得るためには多少のリスクは付きものだと思います。

これらの3つはデメリットとして言われることもありますが、大きなデメリットではありません。

投資をしている方であれば分かるかと思いますが、資産を分散させ、長く保有することが1番難しいです。

残る2つを見てみましょう!

4.種類がありすぎてどれを選べばいいか分からない

現在利用しているSBI証券が販売する投資信託の種類は2600種類以上と多く、実際どれを選んでいいのか僕も迷いました。

どの投資信託を購入するべきなのか目標額や運用する年数によって変わってくると思うので、自分に合った投資信託を見つけましょう!

こちらはどの投資信託を選ぶべきなのかという記事で詳しく解説します。

5.コストがかかる

同じように1つのファンドを保有することで分散投資ができる金融商品にETF(上場投資信託)というものがあります。

これに比べて投資信託はコストがかかると言われますが、トータルリターンで見ると投資信託の方がコストを抑えることができます。

投資信託とETFどちらが良いのかという点は別記事でまとめようと思います。

将来的な資産はどのくらいになる?

目標金額を達成するために、年間利回りがどの程度必要なのか考えたことはありますか?

SHOJI

投資をしている人たち全員が、目標額1億円ではないはずです。

ただ漠然と投資をしているだけでは資産形成できているとは言えないかもしれません。

モーニングスターの金融電卓

こちらを使うことで、簡単に必要な利回りの計算や、現在の積立額で利回り何%で何年間運用するといくら貯まるのか一目で分かります。

目標額に対して積み立て額が少ないと高い利回りが必要になります。

そんな時は、資産形成の見直しを提案してくれますので試しに計算してみましょう!

資産形成可能な利回りであれば、国内株式や外国株式の振り分けも自動でやってくれるので参考にしてみて下さい。

証券口座開設に迷ったらSBI証券

投資を始める際にまず迷うことが証券口座選びです。

SBI証券は取引手数料を抑えることができますが、それだけでは他の証券も手数料を低く設定したりしているので差別化は難しいです。

証券選びは比較記事を調べて、まとめ次第リンクを貼ろうと思います。

SBI証券の決め手は、投資信託取り扱い本数No.1ということです。

これから投資信託を始めよう!と考えているのであれば、SBI証券で口座開設しておけば商品ラインナップに困ることはないでしょう!

まとめ

この記事のまとめ

  • 預けた資金をファンドが運用することを投資信託という
  • 投資信託のメリットやデメリット
  • モーニングスターが提供する金融電卓で目標額達成までの資金計算
  • 投資信託を始めるなら、取り扱い商品の多いSBI証券がおすすめ

投資信託は、運用を全てファンドが行うことで暇だと感じるかもしれません。

ですが、資産形成をする中で安定的な伸びを見せてくれる投資信託はポートフォリオに組み込むべきだと思います。

ファンドの中にもインデックスファンドアクティブファンドと種類があり、ファンドによって信託手数料も違ってきます。

それらについては関連記事を読んで自分にあった投資信託は何なのか探してみて下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資と副業ブログについて書いています。
西日本エリア在中|27歳|投資歴5年

コメント

コメントする

目次
閉じる