信頼性の高いレビュープラットフォームを目指すRevainプロジェクト

皆さんは商品を購入する時に
レビュー欄を見たことがありますか?

レビューを参考にする方の割合は
皆さんが思っているよりも高いかもしれません。

暗号プロジェクトRevainが手がけているのは

データの削除
競合他社によるレビューの改ざんなどを無くした

信頼性の高いレビュープラットフォームです。

この記事を読んで分かること
  • レビュー欄の重要性
  • レビューを参考にする人の割合
  • 競合他社によって削除改ざんされたレビューがあること
  • 暗号資産プロジェクトがレビュープラットフォームに改革
  • プラットフォームに参加してインセンティブ報酬が貰える

このようなことについてまとめていきます。

目次

レビューを参考にする割合

総務省が実施したレビューに関する
アンケート調査の結果ついて調べると

  • レビューを参考にする・した事がある 60%
  • レビューを見て購入を決定した事がある・何度かある 80%

という数値になっていました。

思ったよりレビュー見る方が多く
それを見て意思決定をする人が8割強
いることがわかります。

20代若者ほど参考にする割合が高い

これは年代別でレビューを
「参考にする」「まあ参考にする」
と回答した割合です。

  • 20代 参考にする22% まあ参考にする55%
  • 30代 参考にする20% まあ参考にする58%
  • 40代 参考にする15% まあ参考にする63%
  • 50代 参加にする14% まあ参考にする60%

という数値になっており
半数以上の方がまずレビューを見ており

購入の参考にするかもしれない
ということがわかりました。

若者であるほど
レビューを見て購入の決定していますね!

そのレビューに信頼性はあるのか?

ユーザーが商品購入時などに
レビューをかなり見ている!
ということが分かったと思います。

今回のテーマはレビューを
「見る・見ない」が何割とかって話ではなく

そのレビューに信頼性はあるのか?
という点です。

レビューを見る理由

レビューを見る方は商品購入時に
「お金払うんだから損はしたくない」
という気持ちがあるからですよね?

しかし、そのレビューは
本当にユーザーの声ですか?

  • サクラによるレビューの可能性
  • 他社からの嫌がらせによる低評価のレビュー
  • 催促され適当につけた評価
  • レビューの改ざん削除

これらの可能性はゼロではありません。

また企業によっては低評価のレビューを
反映しないところもあると聞きます。

火の無い所に煙は立ちません。

こういった理由から「損したくない」から
レビューを見るのに

サクラに騙されて購入した商品に低評価を付けたり

良い物であっても他社の嫌がらせ評価を見ることで
購入者は購入意思を阻害されますよね?

こんなプラットフォームを変えようと
動いているプロジェクトがRevainです。

Revainプロジェクト

暗号資産であるREV
こちらのプロジェクトの銘柄になります。

Revainプラットフォームでは

ブロックチェーン上に
レビューの情報を保存することで

データの改ざんや意図的に行う低評価の削除
などを防ぐことができるものです!

暗号資産(REV)

時価総額70〜80位の
いわゆる草コインになります。

僕が口座開設している取引所だとKuCoin
で取り扱っています。

プラットフォーム内でのトークン(RVN)

RVNというトークンがレビューに対する
インセンティブで報酬として貰えます!

1RVN=0.0001BTC
で固定されています。

そしてこのトークンは単に
レビューを投稿するだけ
では貰えない仕組みとなっています!

プラットフォーム上で2つの段階を
クリアする事が条件となります。

メリット・デメリットを
レビューを見る方に向け細かく記載することで
掲載されるという仕組みです!

レビューの仕方については
こちらの記事にまとめてありますので
興味がある方は読んでみて下さい。

おわり

レビューを見て商品を購入したけど
それがサクラのレビューだったり

低評価だから買うの辞めた商品が
競合他社による低評価レビューだったとか
全然あり得る話です。

Revainがレビュープラットフォームを
良い物に仕上げて行くのを
楽しみにしてます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる