ヨロイウォレットとBINANCEでの暗号資産ADAステーキングの違い

モバイル1つで暗号資産であるADAを
ステーキングできると知りましたので
参加してみました。

BINANCEでもステーキングサービスがありますが
今回は取引所BINANCEヨロイウォレットでの
ステーキングの違いをまとめてみます。

ADAステーキングの魅力的な点は

  • 1ADAからステーキング可能
  • ロック期間なし
  • 年利5%前後
  • 5日に1回ステーキング報酬発生

保有枚数を増やしたい気持ちはあるけど
資産をロックするのは嫌!

少額からでも参加できる高金利なステーキングに
参加してみたい!

というような方にオススメな運用方法です。

保有資産が勝手に働いてくれるサービスは
個人的に好きでオススメです。

目次

ステーキングを始めるには

  1. 専用ウォレットでのステーキング委任
  2. BINANCEステーキングサービスを利用

操作も難しくなくカンタンかなと思います。

個人でステーキングに参加する場合は
専用のヨロイウォレットが必要です。

ヨロイウォレットの作成・ステーキングの仕方

どちらでステーキングを行う場合でも
ADAが購入できる暗号資産取引所の
口座開設
が必要となります。

BINANCE紹介記事を書いていますので
海外取引所の口座開設の参考にしてみて下さい!

1ADAからステーキングに参加できる

取引所のステーキングサービスでは

  • 最低預け入れ枚数
  • 資産のロック期間を決める

といった条件があるものが多いです。
BINANCEでも最低枚数が決まっています。

個人でのステーキングは
1枚から参加が可能であり

最低枚数などの条件がない点から
無理のない投資ができます。

暗号資産投資をこれから始める方にも
ハードルは低いと思います。

資産のロック期間なし

保有するだけで報酬が発生するステーキングは
資産のロック期間
というものが条件としてあるものが多い中

ADAのステーキングはロック期間がなく
柔軟に送受金できるメリットがあります。

  • ヨロイウォレット5%
  • BINANCEステーキング5.9%

ヨロイウォレットに送金し
ステーキングを委任することで

年利5%前後での運用が可能です。

2021年5月現在のBINANCEステーキングは
年利5.9%でした。

画像でも分かるようにゲリラで開催される
超高金利なステーキングがあり

最低枚数の条件も低くロック期間も短いので

少しBINANCEで保有しておくのも
アリかもしれません。

ステーキング報酬は5日に1回

ヨロイウォレットでの
ステーキング委託が完了すると

5日に1回ステーキング報酬が発生します。

ステーキング報酬の発生は
2エポック後なので委託後15日〜20日から
報酬を受け取ることができます。

まとめ

BINANCEでのステーキングの違いとしては
今回記事で紹介してきた

  • 資産ロック期間の有無
  • 最低運用枚数
  • 年利

この辺りが違ってくると思います。

また、ヨロイウォレットでの
ステーキング委任の場合
管理はすべて自分でしないといけません。

個人でステーキングを行う際、ヨロイウォレット作成時の復元パスフレーズは必ず紛失しないように気をつけないといけません!

自分に合った運用方法で
暗号資産運用を楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

投資家&ブロガー|投資歴5年|27歳|【CRYPTO Run】では「投資」「ブログ」について書いています|

コメント

コメントする

目次
閉じる